岡教とは|宇都宮の塾「岡本教育センター」

岡教とは

岡本教育センターについて

岡本教育センターは栃木県JR岡本駅より徒歩3分、
フードオアシスオータニ2階にある小学生・中学生・高校生のための学習塾です。
地域密着、学校の授業対策、受験対策はもとより、
生徒達が自分で考え自分で進路選択ができるような自主性を育む教育を行っております。
また、当塾は小学校から中学校、高校と進学する際も、毎年、高い継続率を保っております。
学校よりも永く通える学び舎として当塾を選択して頂きたいと思います。

岡教の強み

1. 真の地域密着

岡本教育センターは生徒や親御さまのための真の地域密着塾でありたいと考えています。岡教が考える地域密着とは、気軽に足を運べる「第2の家庭たる塾」です。塾に行くことを特別なこととは思わず、まるで自宅に帰るような感覚で気軽に登校ができる、そしてそんな生徒をいつでも迎えてあげられる塾でありたいと思っています。

受験での実績を第一に考える学習塾も多い中、岡教は何でも気軽に相談できる環境や講師との関係構築が出来ていることが、生徒本人が将来本当になりたい自分を引き出す上でとても大切なことと考えています。例えば、多くの生徒が悩む進路のお話ですが、生徒の本音というものは気持ち的に落ち着いてリラックスできる環境でこそ聞けるものだと思います。40年の経営実績をもとにこれからも信頼を損ねることが無いよう、鋭意努力あるのみと思っております。

2. やる気に応えるフットワーク

岡本教育センターの2つ目の強みは『フットワークが軽い』ことです。生徒の要望に合わせて「生徒の心からの要望に応えられる柔軟性」のある塾です。

巨象は動きが遅く時流の大きな変化に対応するのは難しいかもしれないですが、こねずみは体が小さいものの迅速に対処できます。良い指導方法や教材があればすぐに変更することが可能です。常に最良の指導方法を模索し、毎年システムの見直しを行い「時代による指導の劣化」を防いでいます。

生徒がやる気になっている時がその生徒の一番伸びる時。そんな想いに常に100%応えられる塾でありたいと願っております。

3. 40年の実績

単純に合格”数”だけだと多くの生徒を抱える大手学習塾さんには敵わないですが、岡教は高い継続率を誇ります。旧中3の高1生進級率90%で、今までの卒業生は1,000名以上に上り、様々な分野で活躍中です。

高校入試ではほとんどの生徒が将来を見据えた高校を選択し、その高校に合格できています。また、不登校、保健室登校、フリースクール通学者など通常の学習形態になじみにくい生徒も通塾して頂ける環境です。

さらに、非常勤講師8名のうち7名が元塾生です。卒塾後も関係を続けてくれる生徒がこれだけいることは、良好な関係性が築けていることの1つの証だと思っております。塾の教育方針を良く知っている先生達は単に勉強を教えてくれるだけではなく、なんでも気軽に相談できる良き先輩として接してくれるはずです。

4. 皆さんにご安心いただける体制

安心してお子様をお任せいただけるよう、保護者の皆様との連携もしっかりと行っています。定期面談でご家庭内や学校内のお悩みをお伺いすることはもちろん、生徒の送迎時なども「気になること」や「先生に知ってほしいこと」をお聞きします。

また、岡教は「子どもの成長を間近で見られる喜びを共に感じたい」そんな想いを胸に毎日全力で授業します。生徒さんも保護者の方々も、我々を家族の一員のように感じていただき「第2のご家庭」と思っていただけたら、職員一同この上ない喜びです。

岡教のモットー

当塾のモットーは「生徒・保護者に安心を」です。

安心には2種類あると思います。1つが「数学わからない。どうすればいいの。」という生徒からの悩みに対して『答えがわかる』ように導くこと。もう1つが「息子が家で勉強しなくて。どう言えばいいのでしょうか。」「子どもが、周りの子と違うみたいだけど、大丈夫ですか。」など親御さまからの悩みに対して『闇夜の灯台たる存在』であること。

当塾の『安心』の指標として、継続率の高さが挙げれられます。多くの生徒が進学後も継続して塾に通ってくれています。面談などでじっくり話を聞き、アドバイスをしたり親の愚痴を聞いたり…。内容は様々ですが、相談に乗ってあげることで安心して帰る生徒、保護者の姿を見ることが我々にとっても達成感を味わう時です。

親御さまの安心とは、生徒が自主的に勉強できるようになったり、自分から目標を語れるようになったりすることと考えています。受験は長い人生を考えた時に、とても大切ではありますが、1つの通過点でしかありません。それに対して、自分で考え自分で道を選択する力はその先の人生でずっと役に立つ力だと思います。当塾は、そのような力を引き出せるよう努めていきます。

ページトップへ