HOME > 高校生コース

高校生コース

▶小学生コース  ▶中学生コース  ●高校生コース
高校生コース

英数理完全対応!――個別指導

先生に個別で教わらなければ、授業に全くついて行けない!そんな教科である「英語(文法・構文)」「数学(1A・2B・3C」「理科(物理・化学・生物)」の個別指導を、全てご用意しております。

学校の授業が速いなら、頭の回転も速くすればいい――速読

視読・・・・・・「読む」のではなく、「見る」だけで、文章を理解する技術。

視読を修得し、教科書、板書、テストの問題文をすぐに読み取れる「眼と脳」にします。

静かに勉強できる場所がほしい人へ――自習室(全日開放)

早朝から夜10時まで、自習室を自由に使えます。これまでに多くの高校生が、そこで毎日毎日、テスト勉強・受験勉強をこなしてきました。2種類あり、私語厳禁の「自習教室」と、塾長席の隣にある「オープン自習席」があります。

高校生コース受講者に向けた我々の思い

時期が来れば自動的に進学が決まる小学校や中学校と違い、高校へは受験をしなければ進学できません。
自分の将来の夢、高校でやってみたい部活、現在の自分、通学のしやすさ・・・・
数ある高校の中から、自分で足を運び、その目で確かめ、多くの人のアドヴァイスを参考にして受験校を決めました。
そして、不合格になったことを想像しては不安に襲われ、合格するために努力をし、やっと入学を許可されたのが今の学校です。
その学校の教育目標を達成することが、自己実現に向けた確実な一歩と言えるでしょう。

岡教は日本の学校教育を信頼しています。各種報道では、何かあればその負の側面ばかりを取り上げ、本来の目的を正しく伝えてはくれません。不祥事などの話題性の高いものばかりを取り扱い、堅実な指導をしている多くの先生方に光を当てません。
しかし、先生方の生徒のために指導に明け暮れる姿を目にした時、報道機関の無責任さを思い知ります。

教育は100年の計です。日本の教育機関は時代に翻弄されず、しっかりとした教育環境を整えています。
自分で選んだ学校です。ぜひ、そこで行われている教育を信頼してください。そして、学校の期待を超えるくらいの自己実現を果たそうではありませんか。

時間割

高校生の時間割

個別指導の時間に、「個別指導」又は「自立学習(@will)」を受講できます。
速読の時間に、「速脳速読」を受講できます。
※高校生にPSはありません。

高校生専用時間
 部活動で遅くなる高校生は、夜8時30分からの授業(8時限)でも間に合わないことが多々あります。そこで、遅刻しても最大10時20分まで延長して授業を行います。これにより、夜9時に間に合えば、80分の授業時間を確保することができます。
※平日は、9時に間に合わない部活もあります。土曜日にも授業を行っています。
TimeS2-2.png
※1~3時限は講習期間中のみ、開講されます。
※日曜日定休。授業は月~土曜日に行います。

sokudoku.png

速読の説明sokudoku02.JPG






ただ今準備中です。

トレーニングプログラム(準備中です)

以下は、岡教独自に組んだプログラム順です。

1.オートトレーニング
  • 眼筋トレーニング・・・・・・・速く読むためには、速く眼球を動かす必要があります。普段、人の眼の動きは、文字を追いかける直線的な動きをしません。したがって、文字を追いかける眼の筋肉は、ほとんど鍛えられていないのです。眼の筋肉が鍛えられてくると、文字を素早く見られるようになります。
  • 【補足】学力差の要因の一つは、「眼の動かし方」です。中学生で勉強が苦手な生徒に、教科書を音読させると、「読み飛ばし」(例:見られる→見れる)や「読み違え」(例:動かし方→動き方)が、頻繁に見られます。これは、文章を見るための「眼の動き」ができていないためです。文章を見るのは、実は、訓練が必要です。眼は文章を見るとき、スーッとスライドしてはいません。パッ、パッと、細かく飛び飛びに動きます。この飛び飛びの動きが、正確にできる人は、眼が動いた後も、次の単語を正確に見られます。しかし、訓練不足の人は、眼が動いた後に、次の単語から少しズレた所を見てしまいます。場合によっては、全く違うところを見てしまいます。「眼の動かし方」にも、これだけの差があるので、文章も「よく読める人」と「読むのが苦手な人」が生じるのです。当然、これが学力につながります。ただし、訓練不足とは無関係に、「機能的に読むのが困難な人」もいます。眼と脳をつなぐ部分が、うまく機能しない人などです。そのような場合は、道具を活用したり、工夫しなければなりません。教室長の南まで、ご相談下さい。
  • 視野拡大トレーニング・・・一度に広い範囲を見えるようにします。
  • 読書速度計測・・・・・・・・・・・この計測結果に合わせて、以降のトレーニングが調節されます。計測速度が速いほど、一度に表示される文字数が増え、表示スピードが速くなり、表示単語数が多くなります。
  • なぞり読み・・・・・・・・・・・・・書籍の文章を見る訓練を行い、眼の動きを、文章を見る動きに合わせて鍛えます。 sokudoku01.JPG
  • 固定読み・・・・・・・・・・・・・・・
  • 移動読み・・・・・・・・・・・・・・・
  • 識幅拡大・・・・・・・・・・・・・・・
  • 識力向上・・・・・・・・・・・・・・・
  • 訓練後読書速度計測・・・・・
2.解くトレーニング
  • 速解力チェック
  • 隔週トレーニング(全体把握力、理解力)
3.オートトレーニング2回目

4.能力トレーニング
月替わりピックアップトレーニングの練習

5.ランキング挑戦
  • 各月1週目:速解力チェック ランキング挑戦
  • 各月2週目:能力トレーニング ランキング挑戦
  • 各月3週目:ピックアップトレーニング ランキング挑戦
  • 各月4週目:成果チェック(速読試験)

イベント(準備中です)

半年ごとに「速解力検定」
1年ごとに「速読甲子園」

受講料

受講料

個別指導コース(月額)
回数/学年 高1・高2
週1回(月4回) 16,800円
週2回(月8回) 27,600円
週3回(月12回) 38,400円
授業時間 80分授業
個別指導80分

週1回の指導につき1教科を指導させていただきます。

個別指導の指導教科

数学 英語 理科 社会
高1~高2 高1~高2 高1~高2 高1~高2
速読コース(月額)
回数/学年 高1~高3
週1回 4,800円
授業時間 30分授業

パソコンを用いて、文章を「速く正確に」読むトレーニングを行います。読書速度だけでなく、記憶力・集中力・思考力などの向上を目指します。直接的な教科学習ではありませんが、高校生で扱う膨大な学習量をこなすためには、必須のトレーニングです。

自立学習コース(月額)
回数/学年 受験対策 @Will(高1~3)
週1回 9,600円
週2回 15,400円
授業時間 160分授業

週1回の受講につき1教科の学習ができます。

大学受験対策 @Willについて

自由に受講カリキュラムを設定できる、映像教材@will(アット・ウィル)を見ながら自分で学習していくコースです。基礎からハイレベルまで19,000を超える講義の中から、現在の学力・志望校・ニーズに合わせた講義を選択し、大学受験に向けた対策をします。


ご入塾までの流れ

 こちらをご覧ください。
 
入塾ボタン.png


このページのトップへ