HOME > 岡教ブログ > 【受験論】成績の伸び方

岡教ブログ

< ブログはじめます!  |  一覧へ戻る  |  伝説の授業~合格への道2018に向けて~ その1 >

【受験論】成績の伸び方

模試や実力テストの成績は、

 やるだけ伸びる直線ではない。

 最初ジワジワ、後からドーンの曲線だ。
勉強したら、しただけ伸びるのは、「定期テスト」の話。

定期テストは、学校の授業理解度を測るためのもの。
だから、1つの問題を解くのに1つの知識があればよい。

これを「1対1型問題」と名付けよう。

模試や実力テストの成績は、

 やるだけ伸びる直線ではない。

 最初ジワジワ、後からドーンの曲線だ。
勉強したら、しただけ伸びるのは、「定期テスト」の話。

定期テストは、学校の授業理解度を測るためのもの。
だから、1つの問題を解くのに1つの知識があればよい。

これを「1対1型問題」と名付けよう。

一方、模試や実力テストは、高校や大学の入学に必要な学力を測るためのもの。
そして、学力が身についている人と、身についていない人を分けるためのもの。
だから、1つの問題を解くのに、多くの知識を必要とする。

これを「1対多型問題」とする。

だから、受験生は、
「勉強しても、なかなか成績上がらない・・・」
と嘆く必要はない。

なぜか・・・

それは、「1対多型問題」の仕組みに関係がある。

仮に、
1つの問題(例えば大問2番の(1))を解くのに、
4つの知識が必要としよう。
それらを、知識A、B、C、Dとする。

以前のキミは、

あなたの知識レベル
A B C D
で、点数にならなかった。

そして、今のキミは、
あなたの知識レベル
A B C D
のところまで来ているかもしれないのだ!

でも、4つ全ての知識が揃っていないために、
どちらのケースも0点である。


あと一歩がんばって、Dも◯にすれば、
この問題は得点できる。

他の問題も、同様のことが言える。

だから、成績は、一気に伸びる。

< ブログはじめます!  |  一覧へ戻る  |  伝説の授業~合格への道2018に向けて~ その1 >

このページのトップへ