HOME > 岡教ブログ > 第2の家庭 真の地域密着塾

岡教ブログ

< オープンフロア個別指導 皆で一体となり、互いに励まし合える!  |  一覧へ戻る  |  岡教の国語の授業 >

第2の家庭 真の地域密着塾

岡本教育センターは生徒や親御さまのための真の地域密着塾でありたいと考えています。『地域密着』とはどういうことか?私どもの定義は気軽に足を運べる、第2の家庭たる塾ということです。

例えば
・今日は暇だから、ちょっと塾で勉強していこうかな。
・塾の日を振り替えたいけど、ちょっと相談したいことがある。
・大事な書類、期限が近いから、買い物ついでにちょっと渡してこよう。
などなど

「いつでも」「気軽に」来られる塾です。塾に行くことを特別なこととは思わず、まるで自宅に帰るような感覚で気軽に登校ができる、そして、そんな生徒をいつでも迎えてあげられる塾でありたいと思っています。
 

受験での実績を第一に考える学習塾も多い中、なぜこのようなコンセプトを掲げているか。

例えば、多くの生徒が悩まれる進路のお話。生徒の本当の望みや、思いというのはピリっと張り詰めた空気の中ではなかなか引き出すことが難しいものです。


逆に、生徒の本音というものは、気持ち的に落ち着いて、リラックスできる環境でこそ聞けるものだと思います。何でも「気軽に」相談できる環境や、講師との関係構築が出来ていることが、そういった生徒の声を引き出すことに、ひいては生徒本人が将来本当になりたい自分を引き出す上でとても大切なことだと、とこれまでの歴史を振えり思うのです。

特に宣伝広告をしなくても、生徒や保護者の口コミで生徒が集まるのですから、40年間同じ地域で経営してきた実績は大きいです。これは地域、保護者、生徒たちから信頼の賜であり、その信頼に答えるための責務は大きく、これからも信頼を損ねることが無いよう、誠意努力あるのみと思っております。
 

< オープンフロア個別指導 皆で一体となり、互いに励まし合える!  |  一覧へ戻る  |  岡教の国語の授業 >

このページのトップへ