HOME > 岡教ブログ > 伝説の授業~合格への道2018にむけて~ その3

岡教ブログ

< 伝説の授業~合格への道2018にむけて~ その2  |  一覧へ戻る  |  伝説の授業~合格への道2018~ >

伝説の授業~合格への道2018にむけて~ その3

  ここまでで3回に分けて

 萩原先生からの熱いメッセージを

 お届けしてきました。





 前回は、高校に入学する前にできること、

 今日からすぐに取り組めること、

 夏を制すためにできることをお伺いしました。





 今回は、伸び悩んでいる人への

 タイプ別のアドバイスと、

 実際の質疑応答の様子をお伝えします。






合格への道2017

~萩原先生の伝説の授業~


 

伸び悩んでいる人のタイプ



A:疑問を持たない

B:効率ばかり求める

C:「基礎」をバカにする

D:苦手科目に手をつけない





Aタイプの君へ

 勉強の仕方にも工夫を。

 疑問をもつことが興味に、
 興味が知識につながる。


 
Bタイプの君へ

 幅のある、ムダのある勉強を。

 ムダがあって、自分らしさを見つけられる。



Cタイプの君へ

 優秀な人は基礎をバカにしない。

 人に丁寧に説明することが出来る。

 難しい参考書はそれだけで
 自分を優秀だと錯覚させる。

 自分に合った教材を。



Dタイプの君へ

 苦手科目は伸びしろが大きい。

 学校から帰ってすぐやる。30分でもいい。

 心理学に「単純接触効果」というものがある。

  嫌々やらなければ、
  勉強はすればするほど好きになる。

  遠ざかれば、どんどん嫌いになる。




質疑応答


Q:ペース配分はどうすればよいですか?

A:集中力がもつのは30分くらい。
  30分したら休憩を取ろう。


Q:自主学習中にわからない問題があったら?

A:少し考えて、友達に聞く。
  相互に教えあうことで伸ばしあえる。


Q:宇短附には変わった部活はありますか?

A:スポーツチャンバラ部がある。
  栃木に二つしかない。
  マイナーゆえ、全国や世界で結果を残せる。







< 伝説の授業~合格への道2018にむけて~ その2  |  一覧へ戻る  |  伝説の授業~合格への道2018~ >

このページのトップへ