HOME > 中学生コース

中学生コース

▶小学生コース  ●中学生コース  ▶高校生コース
中学生コース

中学生コース目次


5教科完全対応

数学 苦手な問題ほど、「形態を変えた繰り返し」により、反復学習します。
ポイントを「覚える」→教師が解くのを「見る」→先生の「隣で解く」 →ミス問題の解き方を「見る」→宿題として「一人で解く」→「単元テスト」→「テスト対策」→・・・様々 な仕方で、何度も問題に触れ、苦手を克服しましょう。
英語 毎回新出単語をテスト。
英文の作り方を「覚えて」教師の解き方を「確認」し、「演習」。
教科書本文も演習します。
理科 用語をきっちり「確認」し、「音読」「確認テスト」を経て「演習」。
わかりにくい単元は、教師が丁寧に説明します。
社会 解説よりも、まずテンポ良く「用語の音読」を繰り返す。すると、苦手な生徒も、「言える」ようになります。そして用語の意味確認を「演習」。それができたら、宿題で「定期テストに頻出」の問題を演習します。
・・・国語は、次へ。

学力の土台、国語力の錬成

数学で、文章題ができません・・・
英語で、英作文がつくれません・・・
理科で、教科書が何を言っているのか分かりません・・・
社会で、用語の意味がよく分かりません・・・

おそらく、国語力の不足が原因でしょう。
岡教では、
  • 「生きた語彙力」を身につけること。
  • 時代を超えてきた「良書の文体に触れる」ことで、活字に慣れること。
これにより、学力の根本である「国語力の錬成」を行います。
そのために、最適な教材をご用意いたしました。・・・「ことばの学校」です!
kotoba.png←外部サイトリンク
詳しい説明はこちらです。(「国語力の錬成」へ)

関連: 受講の仕方(授業の仕組み、時間割)、 PS

岡教名物、「特講」

週に一度、同学年の生徒全員を教室に集め、一斉指導で行います。個別指導だけでは培われない思考力などの養成にとりくみます。
詳しい説明はこちらです。(「これが特講」へ)

受講の仕方

授業の仕組み

中学生の授業では、どんな授業も、「必ずPS(パワースタディ)を一緒に受講」していただきます。PSは無料です。
例えば、数学などの個別指導(80分)を受ける際、その直前の時間や次の時間に、受けて下さい。
(受講順を自由に決められます)
jyukou1.png
中学生は、部活動終了時間が、「顧問の先生」や「季節」によって様々です。
PSの受講位置によって、来塾・退塾時間を調整して下さい。

中学新入生の保護者様へ

季節の変わり目に、部活動の終了時間が変化します。
その時は時間割の変更を受け付けますので、お申し付け下さい。

また、お家の方の勤務形態によって送り迎えができない場合にも、授業の振り替えを致します。
どうぞ、ご連絡下さい。

中学生の時間割

TimeS2-2.png
1~3時限は講習期間中のみ、開講されます。

PS -Power Study-

Power Study(パワースタディ)の略です。どんなに時間をかけても思ったような成果がでないのは、学習の基礎に問題があるのかもしれません。手帳指導と「ことばの学校」を用いた良書多読により、学習の基礎となる計画力と国語力を養成します。

ps=.png

kokugo4.png

国語力の錬成 三原則

ryousho.pngbooks.jpg
はやりの、気軽に読める現代小説で、国語力はつきません。
時代の風化に耐えてきた、昔ながらの名作、これが「良書」です。
ほんの数冊ですぐに力はつきません。
読書の効果が現れるまで、最短半年は読み続けることが必要です。
(小学生は、より早く効果が現れやすいです)
metomimi.png
単に目で追った読書では、国語力は錬成されません。
専用の朗読音声を、聴きながら目で追います。これにより、
1.脳が文を、「文字」ではなく、「言葉」として認識します。だから、「語彙力」が伸びます。
こちらの「ことばの学校」HPで、わかりやすく説明されています)
2.一定のスピードに、導かれるように読みます。だから、「読書速度」が伸びます。
(朗読音声の速度は、変えられる仕組みです)
otona.png
岡教では、「読書」を「国語の勉強」として、位置づけております。
自分の好きな本だけを、好きなように読む。このような、「単なる読書」では国語力は錬成されません。
常に教師が近くで待機しております。だから、生徒は内容に興味が薄くても、集中して読みます。
さっき読んだ内容をだれかに聞いてもらいたくなったとき、真剣に耳を傾けてくれる大人がそばにいます。
読んだ内容については専用のテキストで演習をしておりますが、「誰かに話をする。」これも国語力を身につけることができます。
保護者の皆様へ
子どもの話、聴いてあげてますか?
我々にお任せ下さい。微力ながら、親代わりを務めさせていただきます!

これが特講!

専用教室での一斉指導です。英語リスニング・国語文法・職業指導(意欲喚起講座「みらい」)・進路指導等の、個別指導では指導が難しい内容を取扱います。
 
 

中1目標:基礎学力の養成

「塾に来れば、学校の授業は”てきとう”でいいや」って思ってませんか?
okakyo_237.png
岡教は、「学校中心主義」です。
中学生にとって、人生の大半はどこで過ごしますか?
最も時間を使うのは、ご家庭でも、塾でもありません。学校です!
その学校で最も大きなウエイトを占める「授業」に積極的に参加できる!学校が楽しい!を目指し、様々に生徒へ働きかけます。

例えば、こんなことです。
学校の先生に従うべし!・・・「従う」とは、先生の意見が間違っているのでは?と思っても、「自分の理解を超えた先生のお考えがある」として、言うことを聞くことです。
学校の全てに全力を出すべし!・・・「勉強」だけ頑張ればいいや。ではないのです。「遊び」も「行事」も「部活」も、全部、全力でぶつかって!そのために、スケジュール管理を初歩的なことから指導します。

中1特講で、学校生活を充実させる「岡教流」を身につけます。

中2目標:実力テスト対策

なぜ定期テストの点より、実力テストの点がガクッと下がるのですか?
学力が身につかないうちに、得点力を身につけた結果です。
学校の定期テストは、「1つの問題に1つの知識」が求められる「1対1」型の問題が多数を占めています。だから、「覚えるのが得意」な生徒は比較的上位の成績を取ります。しかし、実力テスト(3年生になると模試です)では、「1つの問題に3~4つの知識」が求められる「1対多」型の問題が多数を占めています。この手の問題は、知識として一つ一つ身につけていたのでは、どんな知識を当てはめれば良いのかさっぱりわからないでしょう。多くの知識が互いに結びついた「理解」に至っている生徒だけが、解ける問題です。そして、この「理解」に至ることこそが、学力を身につけた状態と言えます。

得点だけを追い求める と、知識だけを増やそうとします。いつまでたっても、「理解」に至りません。そんな生徒は、決まって「どこ覚えればいいの?」「覚えなきゃ」などと言いま す。そこに実力テストで点数を取ろうとすることは、「プールの浮き輪の上に立つ行為」です。しっかり足下を固め、強固な土台を作らずして、誰が堂々と立つ ことができるでしょう。

中2の特講で、生徒は「知識を学力に」変えます。

中3目標:入試のピンポイント得点力錬成

リスニングを、単なる反復練習で終わらせていませんか?
okakyo_219.png入試のリスニングは、多くの技術が必要です。単に英語のCDなどを聴いているだけで、得点できるものではありません。
  1. 集中を最後まで切らさない、リスニング体力。
  2. 意味の分からない英単語に惑わされず、聞き取れるものだけから全体の意味をとらえる、全体把握力。
  3. メモを取る手を動かしながら、聴き続ける器用さ。
  4. 聴きながら、メモすべき内容を頭の中で直感的に選ぶ判断力。
  5. 判断した用語を素早くメモする筆記力。
加えて、英語そのものの力も問われることは、言うまでもありません。
これらを、総合的に訓練していくことで、確かな得点へとつなげます。

ご存じですか? 栃木県の作文には「型」があります。
その「型」にはまっていない作文は、全く得点できません。
詳しくは・・・(準備中)
 

受験対策

岡教にとって、「受験」とは

岡教は、「偏差値で高校を選ぶことに 全力で反対します」。
なぜなら、偏差値だけで高校を選んだ生徒は、「必ず受験に失敗する」からです。

受験の失敗 とは、「受験を通して成長できなかったこと」です。

中学生の皆さん、受験は「あなたの成長」のために行います。

私立高校説明会

kakugen1.png

高校一日体験学習が、将来の運命を決めるかもしれない。そんな真剣な想いを持っていますか?
「受験」は高校一日体験学習から、既に始まっています。
遊び感覚、お祭り感覚で体験を受ける生徒と、「自分が通う高校になるかもしれない。」との想いで、真剣に体験を受ける生徒との差は、歴然です。目つきが違います。

真剣なあなたのために、岡教は毎年、高校の先生をお招きし、説明会を開きます。保護者の方々にも、ご参加いただいてます。
私立 宇短附高校 萩原先生 (6月頃)
私立 文星高校 館野先生 (9月頃)
お二人の先生が、「高校とはどんな場所か」「高校で何を学べるか」「高校へ行くためには、何を考えておくべきか」など、全力のメッセージを下さいます。

グループ受験対策講座

ただ今準備中です。

土曜講座

ただ今準備中です。

岡教中学生 年間計画

2015年度の年間スケジュールは、図のように実施いたしました。
毎年改善しておりますので、2016年度も若干の変更があります。あくまで参考としてご覧下さい。

2015年度 岡教中学生 年間計画実施報告
nenkan5.png


受講料

受講料

個別指導コース(月額)
回数/学年 中1・中2 中3
週1回(月4回) 15,800円 17,800円
週2回(月8回) 25,600円 29,600円
週3回(月12回) 35,400円 41,400円
授業時間 130分授業
個別指導80分+特講・PS50分

週1回の指導につき1教科を指導させていただきます。
 

自立学習コース(月額)

回数/学年 受験対策 理科・社会(中3)
週1回 9,600円
週2回 15,400円
授業時間 160分授業

週1回の受講につき1教科の学習ができます。

受験対策 理科・社会について

自分の学力や対策したい内容に合わせて、CGや実験を駆使したわかりやすい映像を見ながら自分で学習していくコースです。わからないところを繰り返し学習し、高校受験に向けて自分で学習できる生徒を目指します。

 


ご入塾までの流れ

 こちらをご覧ください。
 
入塾ボタン.png

このページのトップへ